高知大学医学部眼科学講座では安心、納得、信頼される最前の眼科治療をご提供します。

  • HOME » 
  • 緑内障外来高知大学医学部 眼科学講座

緑内障外来

緑内障とは

何らかの原因により眼球と脳の間の視神経が障害され、視野(見える範囲)や視力に異常をきたす疾患です。眼圧上昇が原因の一つとされています。 緑内障の有病率は、40歳以上では約5%で、現在の失明原因の第1位を占めています。

当院では、様々な検査を用い、それぞれの緑内障に応じた治療を選択し行っています。

緑内障の原因

眼球中には房水と呼ばれる液体が循環しており、栄養などを運んでいます。また、房水が眼内を循環し、眼圧を一定に保つことで眼球の形状が保たれています。
房水は毛様体という組織で作られ、隅角の線維柱帯という場所から排出されます(図1)。
何らかの原因により房水の産生と排出がアンバランスとなると眼圧が上昇し、長期間眼圧が高い状態が続くと視神経を障害し、視力や視野障害を来します。

房水の流れ
図1 房水の流れ(引用:参天製薬, Informed consent)

緑内障の病型

原発開放隅角緑内障・・・隅角が開放しているタイプの緑内障です。初期には自覚症状が無いことが多く、 慢性に進行し、気がついた時には視野障害がかなり進んでいるということもめずらしくありません(図2)。

正常眼圧緑内障 現在日本で最も多い緑内障です。眼圧が正常範囲内にあるにもかかわらず、視神経が障害されます。正常眼圧緑内障では眼圧の他にも血液循環や遺伝、 酸化ストレスなど様々な要因が関与しているのではないかと考えられています。
原発閉塞隅角緑内障 隅角が閉塞して房水の流れが妨げられ眼圧が上昇するタイプの緑内障です。 原発閉塞隅角緑内障では、急速に隅角が閉塞することで著しい眼圧上昇を来すことがあり、これを急性緑内障発作といいます。 急性発作では急激な頭痛、眼痛、充血、霧視など激しい症状が出現します。慢性に経過し、視神経の障害が進行することもあります(図3)。

その他、先天緑内障、続発緑内障などがあります。

開放隅角
図2 開放隅角(引用:参天製薬, Informed consent)

閉塞隅角
図3 閉塞隅角(引用:参天製薬, Informed consent)

治療

薬物療法、レーザー療法、手術療法などがあります。
緑内障の病型、進行の程度、眼圧の程度により決定します。
多くの緑内障では薬物療法が治療の主体となります。手術療法は薬物療法やレーザー治療の効果が乏しい場合に選択されます。

当院で行っている代表的な緑内障手術

線維柱帯切開術
線維柱帯の一部を金属のプローベで切開し、房水の流出をよくすることで眼圧を下げる手術です。
比較的安全な手術で術後の合併症も少ないのですが、眼圧の下降効果は線維柱帯切除術と比較すると弱く、初期から中期の緑内障に適しています(図4)。

線維柱帯切開術
図4 線維柱帯切開術(引用:参天製薬, Informed consent)


線維柱帯切除術
房水を結膜下に流すバイパスを作成し、眼圧を下降させる濾過手術です。眼圧下降効果は高く、中期から末期の緑内障が適応となります。
一方で、濾過胞は術後数年経過してからも感染を起こす危険性があり、術後の管理が非常に重要となります(図5)。

線維柱帯切除術
図5 線維柱帯切除術(引用:参天製薬, Informed consent)

眼アレルギー・ぶどう膜炎外来 網膜・硝子体疾患外来
オキュラーサーフェス(眼表面)外来 緑内障外来